人気ブログランキング |

人生はシネマティック

d0171835_17252136.jpg
第2次世界大戦中のイギリス・ロンドンで、映画製作に情熱を注ぐ人々を描いたヒューマンドラマ。1940年のロンドンでカトリンはコピーライターの秘書として働いていた。人手不足のため、彼女が代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問バックリーの目に留まり、ダンケルクでドイツ軍の包囲から兵士を救出した姉妹の感動秘話を映画化する脚本チームに加わることとなった。戦争で疲弊した国民を勇気づけるための映画だったが、製作が開始され、ベテラン俳優のわがまま、政府と軍による検閲や横やりなどトラブルが続出。そのたびにカトリンたちの脚本は二転三転してしまう。なんとか撮影は大詰めを迎えるが、最後に最大級のトラブルが待ち受けていた。主人公カトリンを「007 慰めの報酬」でボンドガールを演じたジェマ・アータートンが演じ、サム・クラフリン、ビル・ナイが脇を固める。監督は「17歳の肖像」「ワン・デイ 23年のラブストーリー」のロネ・シェルフィグ
d0171835_17253074.jpg
ダンケルクに取り残されたドイツダンケルクでドイツ軍から兵士を救出した話しを聞きに双子の姉妹からの話の脱線がありコミカルな展開になるのかと思えば普通に話は続いていき、ありがちな展開になってゆくのが少し残念ではあったものの、当時の背景や衣装 娯楽 想い など細かく見れば凄く良い作品だと思いました。主演のジェマ アータートンがボンドガールを演じていたのも彼女のスタイルを見れば納得です、タイトな衣装がとにかく良く似合います。 しかし残ながら☆☆.....

by tcskobe | 2017-11-12 17:24 | その他