ウィンストン チャーチル 映画

d0171835_11395769.jpg

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男のネタバレあらすじ:起・大英帝国の危機とチャーチルの首相就任

1940年5月、ヒトラー率いるドイツは東ヨーロッパの大半を占領し、オランダ、ベルギー、フランスも制圧しようとしていました。フランスの同盟国イギリスでは野党の労働党がネヴィル・チェンバレン首相(ロナルド・ピックアップ)の責任を問い、保守党(ウィンストン・チャーチルとチェンバレンの政党)と労働党との連立内閣と新首相を要求します。保守党内部ではハリファックス(スティーヴン・デレイン)がチェンバレンの後継としてふさわしいという意見が大半でした。チャーチル(ゲイリー・オールドマン)は秘書のエリザベス・レイトン(リリー・ジェームズ)に細かい指示をだし、怒鳴りつけます。妻のクレメンティーン(クリスティン・スコット・トーマス)は彼のイライラが気になりますが、チャーチルは首相になるかもしれないのが原因と答えます。チャーチルは首相就任の連絡を受けます。国王ジョージ6世(ベン・メンデルソーン)はチェンバレンになぜハリファックスでなくチャーチルなのかと問いただしますが、チェンバレンは労働党がチャーチルを望むからと答えます。チャーチルは国王から組閣の任命を受けます。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男のネタバレあらすじ:承・国民に勝利を呼びかけるチャーチル

チャーチルは家族と就任祝いと今後の幸運を祈ります。国会で演説するチャーチル、方針は戦争を遂行することとし、Victory(勝利)が最も大事な言葉といいます。チェンバレンとハリファックスはチャーチルが和平やヒトラーとの交渉を口にしないことに不満を感じます。チャーチルは秘書エリザベスと戦時会議室を巡回します。チャーチルはフランスへの救援は人命と資材の無駄だとアドバイスされますが、フランスへの支援を強調します。ハリファックスは国王と会談しチャーチルを辞任させることを提案します。就任後初のラジオ演説で緊張するチャーチルは国民に勝利と団結を呼びかけ、新聞記者には勝利のVサインを見せます。ベルギーとオランダを占領し、フランスを攻撃するドイツ軍に対し、イギリスのフランスへの派遣部隊はダンケルクで孤立します。チャーチルはダンケルクからのイギリス派遣部隊の撤退作戦を計画しますが、それは危険な作戦でした。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男のネタバレあらすじ:転・ドイツとの和平交渉?とダンケルク撤退作戦

チャーチルはハリファックスらと会議をします。ドイツとの和平を提案するハリファックスにチャーチルは反対します。ハリファックスはドイツと和平交渉をしないなら辞任すると表明します。怒りのチャーチルは一人でつぶやき、秘書は彼の言葉をタイプする事ができません。国王はチャーチルと会談し、ドイツからの脅威と自らのカナダへの亡命の可能性を示唆しながらもチャーチルへの指示を表明します。チャーチルはダンケルクからの撤退のため軍艦だけでなく民間の小さな船を集め、ダンケルクのイギリス派遣部隊を救出する作戦を実行に移します。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男の結末:国民との対話と議会での演説

チャーチルは国会に車で向かう途中、突然と地下鉄に乗ります。チャーチルの登場に驚く人々、チャーチルは戦争に対する意見を求めます。チャーチルはドイツとの和平に反対する国民の声を直接聞き、少女ですら和平に反対する姿勢に涙します。国会に着いたチャーチルは、ドイツ軍が英国本土に上陸しても最後まで戦うことを国民に呼びかける演説を行います。チャーチルは国会議員から大きな歓声と支持を受けます。映画の最後、1.ダンケルクの撤退作戦が成功したこと。 2.チェンバレンは半年後に死去したこと。 3.ハリファックスはチャーチル内閣から離れたこ。 4.イギリスは1945年にはドイツに勝利したこと。が字幕で流れます。

d0171835_11400529.jpg
感想 歴史的物なので見る人それぞれで違うと思いますが最近このような歴史的物事を扱った映画が多いように思います。なにか意味があるのでしょうか
☆☆☆☆




[PR]
by tcskobe | 2018-04-01 11:41