映画 タクシー運転手 約束は海を越えて

d0171835_16462387.jpg
1980年5月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。1980年5月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。以前 私は光州事件に関する他の映画を観た事があったので その事件を知らせてくれた人々が居たということは知っていたので この映画を心待ちにしていたので観賞出来たことを凄く嬉しく思います。しかしながらこのタクシーの運転手は現在も名乗りをあげておらずドイツ人ピーターは亡くなるまで探していたようです。とにかく1980年に(未だ最近ですよね)このような事件が隣の国で起こっていたということは衝撃です、是非 映画館へ足を運んでほしい。☆☆☆☆☆5!!

[PR]
by tcskobe | 2018-04-28 16:45 | その他