人気ブログランキング |

1967y ford mustang 289エンジン

久しぶりにお仕事です。オイル漏れ解消プランで今回は エンジンオイルパンガスケット オイルポンプシール クランクシールリヤ側 ブレーキマスターシリンダー交換です。 この車両のオイルパンなど取り外した画像を取りたかったのですが 手が油だらけになったので写真は有りませんすみません。しかし参考になるようなことを何時もお伝えしないといけないので参考までに 下に記載しておきます、289エンジンの場合ですのでお間違えの無いように。

オイルパンネジ締め付けトルクは20.6Nmです。 リヤクランクキャップは81.4Nm~95.1Nmです。その他もっと知りたい方は 

Ford Engine Bolt Torque Chart

で検索してみてください。
さて次にブレーキマスターシリンダーです
d0171835_19134020.jpg
マスターシリンダーのエア抜きは独りでは結構困難なので以前から欲しかったエア抜きTOOLをアメリカより購入しました。
d0171835_19123648.jpg
どうやって使うかと言うと
d0171835_19130537.jpg
d0171835_19125130.jpg
ここんな感じにセットしてオイルをいれてシリンダーを押し込むだけです。なかなか優れものです 器用な方はこれくらい作れると思いますが購入しても日本円で2,000円しませんので手間を考えると買いですよね。勿論、シリンダーを取り付けた後には4輪ともエア抜きが必要です。 なんだかんだで 無事に取り付け完了です。
d0171835_19132834.jpg
あれ 今日は水曜日 お休みのはずだったけど 全部できたから いい一日でした。