人気ブログランキング |

2019年 06月 08日 ( 1 )

朝 車の車高が下がりきっていました どうしよう で入庫 今回はアナログ式での点検です。これなら 同じ状態の人も点検できるかと思いまして ざくっとですが記載しておきます。あくまでも参考程度です。
d0171835_09352145.jpg

一番怪しいのがリヤ右下に取り付けられているエアポンプです。 
勿論バルブブロックや エアバックが駄目な事もあります。 
さて本題です、エアポンプのカプラー2箇所ありますが太い方の2本線がエアポンプへの電源供給線です。車高が下がりきっている場合レベライザーは勿論その状態なので上げてーと信号をおくるので カプラーまで電気が来ているか検電器で確認してください。電気きてる エアポンプ動いてもエア入らないときはポンプ故障かエアサスゴム不良です。

d0171835_09345627.jpg

このときに電源が来ていないようでしたら トランクをあけて右側面カバーを外すと側面にヒューズBOXがあるので40Aのエアポンプのヒューズが飛んでないか確認してみてください。 

もしヒューズが飛んでなければいいのですがヒューズが切れている場合が多いです、理由はトランクの物入れカバーを更に外していくと3つリレーが見えてきます。
リヤワイパーのリレーとリヤゲートのリレーそして1個色違いのポンプリレーです。 

なぜかこのリレーのおかれている場所が水没している事が多く、漏電してリレーが焼けていり普通にショートしています。確認してみてください。細かいことは自分で考えるかお問い合わせ または こちらに お仕事依頼してもらえれば うれしいです。それから良くあることですがエアポンプ交換の際に、高くない社外品で交換することがありますがネジヤマが未だ切られていない商品が多々あり 自分でネジヤマを作る事から始めなければならないポンプは良く有りますので それも参考にして下さい。驚かないで下さい 良くあることです 笑

d0171835_09342646.jpg
d0171835_09344604.jpg
d0171835_09343625.jpg
リコイルで作り直せばなんてことありません M6 1.0が有れば大丈夫です。


by tcskobe | 2019-06-08 09:40 | 修理