<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ボルボのC70 検査で入庫ですがエンジンチェックランプ点灯です、このままでは基本的に車検だめです。さきに修理してから出ないと検査いけないのでテスター診断してみました、燃料がリーンとかでてきます。いっそエアマスとかイグニッションコイル等パーツ名が判明している箇所の不具合だと勝負早いのですが目視で 悪い所を探していかなければいけません。
d0171835_13540693.jpg
結構あちこちみていきましたが ようやく見つけました。エンジンオイルフィルター後からヘッドカバーを繋いでいるプラスチック製のブローバイホースがジャバラのところで切れていました。とりあえずビニールテープ巻いておこうかと手をかけると劣化したブローバイホースは崩れ落ちてしまい 交換せざるを得ない状況に....
交換したくない理由が実はもう1個あって」交換する為にインテークマニホールドを外さなければいけないからです↓これです
d0171835_13544374.jpg
この型式のインテークマニホールドは未だ外した事がなかったので正直、ホース1本替えるのになんてめんどくさいんだ と 外した事もないのに気分は下がり気味 しかし実際に外してみると15分位あれば取り外しができました。 なんでも やってみないとわかりませんね。
d0171835_13543176.jpg
新しいホースに交換すればおしまいですが右のカチカチなブローバイホースがもともと取り付けられていましたが 新しくやってきたブローバイホースは1本のゴム製でした。きっと対策品なんでしょう。これならしょうしょう熱を加えてもパキパキに折れることはないでしょう。
d0171835_13535519.jpg

[PR]
by tcskobe | 2018-01-20 14:15 | その他
W639 V350 ハンドル重いオイル漏れ酷い!!でレッカーにて入庫
d0171835_13532838.jpg
この車両の存在は知っていたのですが自走ではなく初めての入庫がレッカーで運ばれてきたので正直、現在の状況が良くわからないのですが確かにパワステポンプから凄くオイルがもれていてオイルを足しても凄く異音がするので部品交換してみることにしました。
d0171835_13534020.jpg
これは取り外したポンプですが社外品の新品ポンプにはプーリーがついてきますのでオイルタンクだけ移植するだけです。しかしオイルシールは使いまわしせずに絶対新品に交換しなければいけません。取り外しや取り付けの際に外すネジの本数は少ないのですがポンプ下にあるエアコンのコンプレッサーのネジを取り外し 少しずらしてやらないと取り外しと取り付けが出来ないので少し面倒です。交換時間は1.3hなどと記載されているようですが実際作業を進めると3時間位掛かってしまいます。なれれば直ぐ出来るかもしれませんがしょっちゅうVクラスのパワステポンプなんてありませんので 仕方ないですね、慣れないことは時間かかります。  そして無事に交換が終わったのに まだ異音がするので???以前 ポンプの不良品で3回交換した事もあったんで このポンプも不良??と新しくもう1個送ってもらいましたが これも又 だめ 数日かけて音の原因がエアコンのコンプレッサーからと(多分ですが)判明しましたがだからといって交換するわけにもいかず...中途半端な状態で一度 帰ることになりました。このベンツは続きますに なりそうです。

[PR]
by tcskobe | 2018-01-15 13:53 | その他
検査場は本日からです なので初検査へ行きました お昼少し前だったのですが ひとりでした。たまたまでしょうけど少し寂しい気がしました。
d0171835_17522404.jpg

[PR]
by tcskobe | 2018-01-04 17:52 | その他
d0171835_19391350.jpg
d0171835_19392473.jpg
第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻が300人ものユダヤ人の命を救った実話を、ジェシカ・チャステイン主演で映画化。1939年の秋、ドイツのポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発した。ワルシャワでヨーロッパ最大規模を誇る動物園を営んでいたヤンとアントニーナ夫妻は、ユダヤ人強制居住区域に忍び込み彼らを次々と救出。ユダヤ人たちを動物園の檻に忍びこませるという驚くべき策を実行する。夫婦によるこの活動がドイツ兵に見つかった場合、自分たちやわが子の命も狙われるという危険な状況にありながら、夫婦はひるむことなく困難に立ち向かっていく。アントニーナ役を「ゼロ・ダーク・サーティ」「オデッセイ」のチャステインが、ヤン役をヨハン・ヘルデンベルグがそれぞれ演じ、マイケル・マケルハットン、ダニエル・ブリュールらが出演。監督は「クジラの島の少女」のニキ・カーロ。
最近 実話物の映画が多いように思えるのはきっと何かを伝える もしくは忘れてはいけない歴史や当時の悲劇 人は何故傷つけあうのか 平和とは何か 色々な解釈が出来るのですがいずれにせよ 人間という生き物は本当に怖い 善と悪は背中合わせだとこの映画をみるとそう思わない理由は見当たらない、是非こういった映画を皆さんにみてもらい かわいそうとか気薄い感情ではなく少し重く感じ取っていろいろな事を共感したい☆☆☆☆!!

[PR]
by tcskobe | 2018-01-02 19:38 | その他
d0171835_10585496.jpg

[PR]
by tcskobe | 2018-01-01 10:58